【はじめての庭づくり】ハウスメーカーに庭を作ってもらうと3割位高いと言うのは本当か

 

ハウスメーカーに庭を作ってもらうと3割位高いと言うのは本当か

 

f:id:rkaientai:20190610221214j:plain

 

 

ハウスメーカーは3割増しという噂について


はじめての庭づくりにおいて新築の家を建てたときに、ハウスメーカーにそのまま庭作りをお願いするケースがあります。その時によく問題になるのが、ハウスメーカーは高いのではないのかと言う点です。

 

噂によるとハウスメーカーは、一般的なエクステリア業者や造園屋さんに頼むよりも3割増位の施工金額になるそうです。そこで今回は「ハウスメーカーはほんとに3割高いのか」を検証してみた結果を記したいと思います。

 

ハウスメーカーとの見積もり勝負


僕がまだ外構工事をやっていたころ、ハウスメーカーに家を建ててもらった新築物件のお庭を見積もりさせていただいたことがあります。結果的に僕がお庭を施工させてもらえることになったのですが、その時はハウスメーカーとの競争になりました。その時のハウスメーカーと言うのは積〇ハウスで、お客さんはそのハウスメーカーから1つのプランをいただいていたそうです。

 

プランにあまり納得がいかなかったようで、他の業者を探していたところ僕とのご縁に結びついたわけです。その時の打ち合わせでの会話が「ハウスメーカーと一般の業者さんの施工費がどれくらい違うのか?」と言うことです。実はこの時ハウスメーカーの図面をいただいて、僕の会社の単価で見積もりをしてみたのです。見積後、お客さんに「ハウスメーカーのプランはこれくらいの金額でしたか?」と聞いてみました。

 

その結果、僕が見積もりした金額よりも2~30万円ほど高いだけの良心的な金額だったの覚えています。その時に実はこれ、ハウスメーカーってそんなに高いわけではないんだな、と思いました。ハウスメーカーにもよるとは思いますが、あくまで一般的な相場の範囲での単価に設定してあり、極端に一般業者よりも施工費が高くなると言う事はないみたいです。

 

ハウスメーカーの印象がよろしくないのはなぜ?

 

ではなぜハウスメーカーの印象が悪いのか。それは多分、下請け業者が元請けであるハウスメーカーのことをよく思っていないというところが1番大きいのでしょう。僕ら業者が直接工事を請負って直営で施工するのと違い、ハウスメーカーはその金額で3割だとかの利益を確保した上で下請けに工事を投げます。下請けはさらに孫請けへ外注し、利益の確保を図ります。いわゆるマージンですね。中間利益をとっているのです。