【シャーマンキング】ファウストⅧ世という生き方【愛のためにどこまでも】

シャーマンキングファウストⅧ世という生き方【愛のためにどこまでも】

 

今回はシャーマンキング、ふんばり温泉チームのファウストⅧ世の生き方をみてみます。

 

f:id:rkaientai:20190913153313j:image

 

ファウストⅧ世はドイツ人の医者の子として育ちました。

 

今でこそ目の下にクマのあるヤバイ感じの医者ですけども、

その心はとっても純粋です。

医学ばかりに没頭していたファウストはろくに友達と呼べる人もいない中で、1人の少女と出会います。

f:id:rkaientai:20190913154002j:image

この子が後の持霊エリザです。

 

不幸によってエリザを失い、不憫な人生を歩んでいたファウストは、シャーマンファイトの予選で葉を倒すほどの実力者として登場しました。

 

その後はアンナさんにスカウトされてふんばり温泉チームの一員となります。

また、この時にアンナさんによってエリザとの再会を果たし、その恩義に報いるべく葉をシャーマンキングにする事を目標とします。

 

自分はというと未来の踏ん張り温泉で専属医師として

エリザと歩む第2の人生を夢見ており、

自身がシャーマンキングになろうというつもりはなくなったみたいです。

 

ファウストの場合はとにかくエリザに対する愛情が印象的です。

好きなもののためならなんだってする姿勢がぼくは好きですね。

 

持霊のエリザにツララ攻撃が当たりそうな時、

自らが盾となってツララを浴びちゃいましたし。

そうして自分の背中が血だらけになっても

全身モルヒネで痛覚が麻痺しているため平気とのこと。

 

エリザが傷付かなければそれでいいそうです。

そのままエリザとイチャイチャしています。

試合中なのに。

エリザは霊なのに。

まあま、そこがいいんですよね!憎めないキャラです。

 

とにかく愛する人のため、どんなことでもするし、

どこまでもイっちゃうのがファウストです。

 

全てはエリザのためという明確な目的があり、迷いがない分強いんですね。

そしてアンナに恩を返すため、葉のために闘う。

この生き様はかなりかっこいいですね。

 

そこからのファウストはチームを支える医者として貢献します。

中盤までは強キャラとして君臨していましたが、

物語が佳境に進むにつれ、5人の戦士が目立ってきます。

このあたりからファウストと竜さんは徐々にフェードアウトしていきます。ちょっとさみしいですけど展開上仕方ありません。

 

ともかく、この愛情たっぷりのファウストという男の生き様はなかなかカッコいいではありませんか!好きな人のためにどこまでもイっちゃう、こんな男性が現実にいたら、世の女性はメロメロですよ、きっと!

 

自分の信念のために生きていくことができる!

そんなファウストのような男になって志高く邁進しましょう!