【座右の銘】あなたの座右の銘は何ですか?

座右の銘】あなたの座右の銘は何ですか?

 

f:id:rkaientai:20190911100839p:plain

 

偉人はみんなもっている!自分の座右の銘

名言や格言、座右の銘というものは自分の心をグッと補強してくれる様な気がします。世の中の功績ある人の多くが自分の中に座右の銘をもっているそうです。迷ったとき、つまづいたとき、立ち止まったとき、もう一歩踏み出したいとき、チャレンジしたいとき、常日頃から...自分の銘を持っていると救われるかも知れません!

 

様々な面接で聞かれる座右の銘

あなただけの大切な座右の銘を持っているでしょうか?今回は先人から学ぶ座右の銘を紹介し、たくさんの人の芯となる様なものを見つけることができればと思います!

 

【 ベートーヴェン 】

この地上では成すべき事が実に多い、急げ。

 

【 ヘッセ 】

人は、自分自身のために生きるより、他人のために生きるほうが、満足が大きいのだ。

 

【 サン・テグジュペリ 】

生きる、ということは徐々に生まれることである。

 

【 賀川豊彦 】

一生を五十年として、その半分を寝ることと食うことに費やしてしまうとすれば、一生の間に、創作的態度に出られる期間は僅かに五年か六年しかない。

 

【 フランクリン 】

明日しなければならないことがあったなら、今日のうちになせ。

 

【 ヴォルヴナルグ 】

時間の値を知らない者は、生まれながらに栄光には向いていない。

 

【 ミルトン 】

幼年時代は成人を示顕する。朝が昼を示顕するように。

 

【 フレーベル 】

子どもは五歳までに、その生涯に学ぶべき事を学び終わる。

 

【 フランクリン 】

二十歳にして重きをなすのに意思、三十歳にして機知、四十歳にして判断。

 

【 オスラー 】

二十五歳まで学べ、四十歳まで研究せよ。六十歳までに全うせよ。

 

【 セヴィニエ婦人 】

女は年老いる術を早くから学ぶべきである。しかもそれは並み大抵な才能でできることではない。

 

【 西郷隆盛 】

命も要らず、名も要らず、官位も要らぬ人は始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは艱難を共にして国家の大業を成し得ざる者なり。

 

【 エマーソン 】

英雄に普通の人より勇気があるのではなく、ただ五分間ほど勇気が長続きするだけである。

 

【 クラーク 】

青年よ大志を抱け。

 

【 近松門左衛門 】

大事を思い立つ者が小事に拘ることなかれ。

 

【 ダントン 】

大胆、また大胆、そして常に大胆。

 

【 ソクラテス 】

世界を動かさんと欲する者は、まず自ら動くべし。

 

【 ゲーテル 】

大切なことは、大志を抱き、それを成し遂げる技能と忍耐を持つということである。その他はいずれも重要ではない。

 

【 ゴーリキー 】

才能とは自分自身を、自分の力を信ずることである。

 

【 ボビー 】

なにもかも失われた時にも、未来だけはまだ残っている。

 

【 エマーソン 】

自身は成功の第一の秘訣である 

 

【 フィリップス 】

失敗とは一つの教訓に他ならないし、好転する第一歩だ。

 

【 クインティリアヌス 】

事を行うに、いつから始めようかなどと考えている時は、すでに遅れをとっている。

 

【 井植歳男 】

小さいことを考えていると、人柄も小さくなってしまう。大きな事ばかり考えていれば大きくなる。

 

【 カーネギー 】

人間は優れた仕事をするには、自分一人でやるよりも、他人の援けを借りる方がよいものだと悟ったとき、その人は偉大なる成長を遂げるのだ。

 

【 フランクリン 】

忍耐をもつことのできる人は、欲しいものを手に入れることができる。

 

【 エピクテータス 】

困難は人の真価を証明する機会なり。

 

【 ビーチャー 】

最上の成功は、失望の後に来る。

 

【 ロバートソン 】

信念は人を強くする。疑いは活力を麻痺させる。信念は力である。

 

【 杉浦重剛 】

人間は何をするにも「何々気ちがい」と言われるくらいにならなければ、何もできるものはない。

 

【 ジェームス 】

青年よ、意志を強くし身体を強壮にするために、毎日一度は苦しいと思うことを遂行せよ。

 

【 ラシーヌ 】

熱誠は必ず報いられる。

 

【 エマーソン 】

美しい姿は美しい顔に勝り、美しい行いは美しい姿に勝る。

 

【 ラスキン 】

最も高い美は、清く正しく快活な人の心の美である。

 

【 徳川家康 】

怒りは敵と思え。

 

 

 

【 徳川家康 】 

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なく心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基。怒は敵と思へ。勝つ事ばかりを知って負くる事を知らざれば害その身に至る。おのれを責めて人を責むるな。及ばざるは過ぎたるより優れり。

 

 

 

ざっと調べてみましたが結構あるものです。今回紹介したものはほんの少しだけですので、気になる言葉・人物が見つかったら深く掘り下げてみてください。