【引き寄せの法則】って信じてもいいの?あれって嘘じゃない?

引き寄せの法則】って信じてもいいの?あれって嘘じゃない?

 

f:id:rkaientai:20190916213747j:plain

引き寄せの法則って嘘じゃない?

引き寄せの法則って信じてもいいの?

ちっとも引き寄せてる実感がないんだけど!

と思っているそこのあなた。

ぼくもまったく同じ意見なんです。

 

なんか引き寄せたいモノと真逆のコトが起きている気がするんですよね。

本に書いてある通りにいかないじゃないか!と思うわけですよ。

 

そりゃ現実はそんなにうまくいかないとわかっていますが、それにしても引き寄せられない!

こんなに強く望んでるのに・・・!

 


ということで、改めて引き寄せの法則について考察してみようかと思います。

以前、こんな記事を書きました。

 

www.ryoma.xyz

 

引き寄せの法則を理解し、コントロールして人生を成功に導いていこう!といった内容です。

引き寄せの法則についての著書はたくさんあるし、京セラの稲盛和夫さんだって仏教的な観点から似たような事を述べています。

そこら辺をまとめたのが前回の引き寄せの法則についてという記事です。

 

最近、引き寄せの法則が信じられない・・・

自分でこんな記事を書いといてなんですが、最近思うようにコトが運びません。

こんなコトがしたい。

あんなコトがしたい。

そのためには軍資金がいる。

まずは軍資金を貯めるために

こんなふうにお金を稼ごう!

 

あれ?

 

うまくいかない。

貯まらない。

お金が必要なのに。

なんでだろう?と繰り返しています。

 

人生の中で成功から遠ざかる時期は誰しも必ずあるかと思います。

 

経営者であれば経営に行き詰まった時ですし、スポーツ選手であればスランプの時でしょう。その他にも社会での生活の中で仕事がうまくいかなかったり、友達とケンカしたり。

 

山あり谷ありとはよく言ったもので、

なんども何度も浮いて沈んで、

上がって下がってを繰り返すのでしょう。

 

これが時間とともに自然と上がってくるのであれば焦る必要はありませんが、そうでない場合は負け癖がつく前に勝たなくてはなりません。

なので自分はなぜ勝てないのか?

どうしたら勝てるのか?

ひたすらにその事を考えなくてはなりません。

 


ところが引き寄せの法則に限ってはそこが落とし穴かもしれません。

 

引き寄せの法則の落とし穴

思うに、引き寄せの法則というのは思いもよらない森羅万象や運命的なものではなく、成功を掴むためのテクニックであり、マインドコントロールのためのマネジメントの様なものかもしれません。

 

もそして身の回りに起こる良い事悪い事は、その人の最も深い、根本的な部分で思っていること、思案しないと気づかないほどの無意識や潜在意識を実現しているだけなのかもしれません。

 


わかりやすい例として、

お金が欲しい

という欲望で考えてみます。

お金が欲しい軍資金が欲しい。

お金があればこんなコトができる。

あんなコトもできる。

お金、お金、お金。

お金よ、ぼくの財布に集まれ〜

と、強く強く願って引き寄せようとします。

 

でもきっとその人にお金が引き寄せられる事はありません。

ぼくも多分、まだまだこの域です。

 

今、自分の手元に満足するお金がないため、自分にはお金がないのがあたりまえ、という意識が生まれているからです。

『 お金がないからお金が欲しい。 』

たぶんこのお金が欲しいというプラス思考をお金がないからというマイナス思考が阻害しているのです。

 


このことから意識的に望むものよりも無意識に望むものの方が実現しやすい、つまり引き寄せ易いという風に考えられます。

 

また、プラス思考よりもマイナス思考の方が強そうですよね。

根拠のない話ですけども。

ただ、病は気からとも言うようにネガティブパワーを侮ってはいけない気がします。

なので根本的なポジティブ思考を意識しなくてはなりません。

 

ただのポジティブでは意味がありまんせん。

頭が弱そうにみえてしまいまし、お気楽楽観主義では成功を掴みにくい気がします。

これも根拠のない話ですみません。

でもなんとなくなんとかなるって楽観するよりも、絶対になんとかしてみせる。そのために準備をしたから大丈夫。

と希望に満ちた決意のこもったなんとかなる。ではかなり質が違う気がしますよね。

 

この良い方のなんとかなるを心掛けたらあなたの望んだ結果を引き寄せることができるかもしれませんよ。

 

f:id:rkaientai:20190916214716j:plain

あって当然、できて当然

準備をしてから引き寄せの法則に期待するのは、先に述べたように無意識のものを実現することと矛盾するでしょうか?

 

たぶん矛盾しません。

ひとつは準備によって無意識が変わるかもしれないからです。

準備せず待つのと準備してから待つのとではスタートが違うので、当然無意識に思っていることも変わってくるはずです。

 

そしてもうひとつはなんとかなるの質がかわるからです。

前述しましたが、準備をしてから良い結果を引き寄せるというのは、これだけやったんだからきっと大丈夫!という強い思いが加算されます。

 

これが”人事尽くして天命を待つ”ということなのでしょう。引き寄せの法則の本質はこの諺なのかもしれません。

 

最後に、無意識、潜在意識のレベルを押し上げること。

お金がないからお金が欲しい。

という無意識も、準備をすることでお金が少し溜まったからさらに増やしたい。や、

お金はないけど世のため人のためにこんなコトがしたい。

といった具合で無意識レベルが変わるかもしれません。

 

できればこの意識レベルを当たり前にしてしまうことです。

欲しい、あったらいいなではなくあって当然と思うこと。

お金でいえば、お金があって当然と思うことです。

お金持ちの家に生まれた人はお金があって当然という意識での生活ですよね。きっとお金がない生活なんて想像もしていないでしょう。

 

ところが反対に、お金がないという人はお金があるわけない、なくて当たり前という意識での生活です。

 

お金持ちになる夢を見ても体験したことがないから想像すらままなりません。

妄想止まりです。

貧乏生活にいるのにお金があって当然と思う事はそれこそ妄想のようですけどね。

でもこれも矛盾しないのです。

準備という努力を積み重ねて、あって当然と思える域に達してから天命を待つ。

努力の先でしか良い結果を引き寄せることはできないのでしょう。

 


こうして考えてみると至極当然、あたりまえの話ですね。

これをフワッとまとめたのが安い書籍なのでしょう。

 

 

引き寄せの法則 ~ まとめ ~

いかがでしたか?

引き寄せの法則がうまくいかないのは、それはただの願掛けではなく、最善を尽くしたうえでの天命だからではないか?という話でした。

 

あくまで現時点でのぼくの考察でした。

最後までありがとうございました。