【究極の貯蓄脳】嫁のサイフの中身をのぞいてみた!手取り18万円で1000万円貯めた方法

【究極の貯蓄脳】嫁のサイフの中身をのぞいてみた!手取り18万円で1000万円貯めた方法

 

f:id:rkaientai:20190711225921j:plain


お金を貯める方法

手取り18万円で1000万円貯めた事例を紹介します。

これは実話です。

 

僕の嫁手取り18万円のまま数年がかりで貯金額1000万円を突破しました。びっくりです!それについていろいろ取材しましたので、うちの嫁のお金に対する意識考え方をそのまま公開します。

 

特別な収入や、資格はないままに、株やFXなどの投資で増やしたわけでもありまん。とにかく貯めただけですので、誰でも真似できると思います。

 

嫁について・・・


当時の年齢 : 20歳
職業    : 銀行員
手取り   : 18万円
当時はアパートに一人暮らし

 

基本的に倹約家で、当時から物欲があまり無かったようです。

今も私物はほとんど欲しがりません。

自分の衣類などはもちろん、

本や化粧品だとかは年に数回買うかどうかってところです。

 

食事は自炊して、外食は月に1~2回程度。

かと言ってまったくお金を使わない守銭奴というわけでもありません。

 

趣味の手芸のために布を買ったり、好きなおやつを買い溜めしたり、子どもには惜しみなく可愛がっています。子どもが生まれる前から気合い入れて買い物していましたし、生まれた後のイベントや、記念日はケチったりしません。つい先日、娘の100日祝いでは木曽路の最上級コースでお祝いし、奮発していました。

 

※「木曽路で奮発」というとうちの生活レベルでいうと

ほんとに稀な経験だったのです。

 

そんな嫁に聞いたお金に対する意識と、考え方を紹介します。

 

 

f:id:rkaientai:20190713231900p:plain

 

サイフの置き場を決める

サイフは長く使う人と、反対に定期的に(1年に1度くらいで)必ず新調する人がいるそうです。

 

うちの嫁は後者で、2年くらい、もしくは痛み始めたら交換しています。

僕はというと8年間同じサイフを使っています。

 

人それぞれだと思いますが、お金を入れるための器ですからそれくらい気にかけて然るべき!ということです。

 

さて、良いサイフを使っているあなたは普段どのように保管していますか?

カバンに入れっぱなしでほったらかしって事はないですか?

「きちんとサイフの置き場を決めて、丁寧に保管しましょう。」

と嫁が申しておりました。

サイフに対する意識が高いですね。

 

 

サイフに対する基本的な意識

サイフを所定の位置に置く前に、そもそもの確認がてら今のサイフを見つめてみましょう。嫁のサイフは外見だけでなく、もちろん中身も整頓されています。

 

お金を入れるための器なのだから、お金以外は入れないの!」

という嫁は帰宅するとレシートをすぐに出してしまいます。

お守りだけOKで、それ以外はサイフに不要だそうです。

お金が入ってくるためのスペースを意図的に作り出してあげると良いそうです。

 

また、サイフの中身を一瞬で把握できるようにすることも効果的なのだそうです。

あなあたは今現在、自分のサイフにいくら入っているかわかりますか?

 

「だいたいいくら」といったドンブリ勘定ではなく、

正確に答えられるくらい把握することが重要です。

 

その日いくら使ったのか、家計簿をつけなくても頭の中で把握しておくことで貯金がずいぶん捗るのだとか。

 

そのために嫁がしている工夫は1週間ごとにサイフの中身をリセットすることです。毎週日曜日にサイフの中身を1万円にリセットし、管理しています。

 

 

サイフの値段×200倍=年収

うちの嫁は「サイフの値段の200倍が年収である」という話をわりと真摯に受け止め、意識しています。

 

ちなみに僕はまったく気にしていません。僕のサイフは1万5千円だったか、1万8千円だったか・・・忘れましたが、その理論でいうと僕の年収は300万円ということになってしまいます。

 

これも人それぞれで、気にしない人は気にしなくて良いのでは?、と思います。

 

要するに自分のお金に対する意識や、考え方を補強するように納得できていれば良いわみたいです。嫁も1万円くらいのサイフしか買ったことがないそうです。前述したように「サイフの値段×200=年収」という法則を意識してはいるものの、固執してはいないようです。結局あまり気にしてはいないみたいです・・・。

とりあえず、年収が少なくても1000万円貯金できることに違いはないみたいですよ。

 

 

思い込みで無理やり貯金脳を作る

お金が貯まらないと嘆く人は、自身の現実に対して目を背けていたり、諦めの境地で過ごしている人が多いようです。

 

それではいつまでたっても貯まりませんので、無理やり脳みそを洗脳しましょう。

 

まずは現在の収支をしっかりと把握しましょう。

上記で述べたように、漠然と財布の中身を把握するのではなく、

現実をしっかりと見つめるのです。

そして、これから先の人生でどれだけのお金が必要なのか、

その目標金額に足りない分を強く強く意識しましょう。

引き寄せの法則」を用いても良いかもですね。

www.ryoma.xyz


 

とにかく目標を明示化することで、自分の意識に強く訴えかけることができるようになります。

嫁はこのように目先の目標を何度も計画しては達成し、

その結果として1000万円の貯金を達成したそうです。

 

ある程度の軍資金を貯めることができたら、

いよいよ増やすために投資していきましょう。

これからはわずかな元手(資本)をうまく回転させ、

大きな資産に育て上げることがキモです。

 

そのためには貯金することです。

当たり前の話ですが、お金持ちになるためには

できるだけたくさんのお金があったほうが良いのです。