【起業】資金調達方法ベストな4選【借金VS無借金論争】

 【起業】資金調達方法ベストな4選【借金VS無借金論争】

 

f:id:rkaientai:20191105223101p:plain

 

借金して一人前!?良質な借金とは

「上場企業の経営者が株主に対して無借金経営です!と胸を張ると言うのは何を考えているんだ!と言いたいですね。企業価値を上げてもらわなければ困るんです。ところが借金をしなければ手元資金の範囲でしか成長できない。」

上記の文章は、以前なにかの雑誌を読んだ時に印象に残った言葉です。確かプレジデントだったか、ダイヤモンドだったか・・・なんだったか忘れましたが、こんな様な記事の一文を鮮明に覚えています。以前、無借金経営の良し悪しについて記事を書きましたが、僕個人としては借金経営に賛成派です。

 

www.ryoma.xyz

 

>※ 余談ですが、経済や金融系を勉強したいと思うのであれば、プレジデントや週刊ダイヤモンドなどの雑誌を強くおススメします。そこらの書籍よりも大変中身が濃く、いろいろな会社の経営者の声がインタビューされて載っています。

 

定期購読できるのですが、定価700円ちょいなので案外お金がかかります。なので僕はこれ系の雑誌はブックオフで購入しています。雑誌系はブックオフにて100円で売っていますので、気に入ったものをイッキにまとめ買いです!

 

デメリットは情報が旬ではないということです。過去の情報ばかりですが、それでもとても勉強になりますよ!

 

さて、お金を借りるというのは口にするよりも結構大ごとです。云うまでもなく、借りる以上返さなくてはなりません。返す以上、実りがなくてはなりません。無駄で意味のない借金にしないような経営をしなくてはなりませんが、「借金=悪」という考え方は間違ていると思っています。

これについては前回の記事で深堀しています。

www.ryoma.xyz


 

とにかく手元に1兆円もの現金があるなら別ですが、そうではなく、しかし成長機会を逃したくないというのであれば借金をする必要があります。ただし重大な注意点として念頭に置かなくてはならないのは、成長している企業と右肩下がりの企業では、借金の意味合いが全く違うという点です。

 

よく聞く話ですが、アメリカでは倒産を経験した経営者が何度も何度も這い上がってきます。トランプさんなどがまさにそうですよね。赤字が続く会社の運転資金のための借金と、成長機会をモノにするための借金ではまるで性質が違うということです。

 

資金調達方法ベスト4!

  1. 株主が提供するお金
  2. 金融機関からのお金
  3. 友人知人、社員や家族から借りるお金
  4. 売掛金の回収

最後にここら辺を深堀りします。

実際には資金調達の手段はもう少し多彩で8つか9つくらい方法があります。とくに最近ではクラウドファンドが増えています。少し前まではハードルが高かった新たな資金調達手段です。しかしこの辺はまたそのうち・・・今回は最もメインな調達方法についてです。

 

1. 株主が提供するお金

1つ目のこのお金は借金とはいいません。返す必要が無く、会社が成長すれば株主に配当という形で対価を支払います。株価が上昇したときに売却すれば株主にも利益が出ます。このような見返りがあるため借金と違って返す必要がないのです。

 

2. 金融機関からのお金

2つ目の方法は借金です。文字通り銀行からの借入金です。こちらは住宅ローン等と同じように利息を支払う必要があり、期限が来たら返す約束です。一番手っ取り早く、資金調達においては最初に思いつく方法ですよね。

 

3. 友人知人、社員や家族から借りるお金

最後は社債です。こちらも借金ですね。銀行を介さずに直接多くの人からお金を借りる方法です。当初提示した条件で社債を購入した者に返済する必要があります。しかし人からお金を借りるのはなかなか敷居が高く、難しい話です。余程のスポンサーがいるか、共に仕事をこなすパートナーがいるなどでない限り実現しにくいでしょう。

 

4. 売掛金の回収

最もメインな資金調達方法、その最後の一つが売掛金の回収です。以外に頭から抜けがちなのがこの売掛金です。サービスをしてその対価に請求したお金、それを回収するのも重要な資金調達の一つです。

 

~ 資金調達方法まとめ ~

f:id:rkaientai:20191105223437p:plain

この4つは必ず頭に入れておきたいですよね。とくに4つ目の売掛金の回収。ぼくは最初、売掛金については盲点でした。資金調達のひとつという認識ではなく、漠然とサービスの対価であると思っていました。売り上げと資金調達を別枠で考えていたのですね。

 

売掛金の回収を急ぐ』というのが基本であることはわかっていましたが、サービスの対価であるため、どーにも待ちの姿勢になりがちでした。しかし『売掛金の回収=資金調達』という思考に替えた時、請求を迅速に行い、約束の日に入金されたか目が行き届くようになりました。

 

売掛金の回収』や『借金』の良し悪しなど、結局は意識の違いなのですが、考え方ひとつで経営も大きく様変わりします。いかに資金調達するか、その方法は・・・?常にベストな判断をしたいものです。