【選挙へいこう】幸福実現党が幸福を実現するための13の政策がスゴイ!

【選挙へいこう】幸福実現党が幸福を実現するための13の政策がスゴイ! 

 

f:id:rkaientai:20190710221159p:plain

 

そうだ、選挙いこう

先週末は息子おりょうさんの誕生日会を開き、とても楽しく過ごしました。新しいおもちゃの発見もあり、久々に家族との時間というものを意識して過ごしました。そして嫁との会話です。来週末はどこへ行こうかと聞くと「選挙へ行こう」と嫁が答えました。

 

 

 

潔き1票、白き1票 

嫁はなんやかんやの経歴により、政治というものにとても詳しいのですが、それ故政治家が大嫌いなのです。「だから私は白1票!」と言っています。僕も現在は支持政党がないので白2票!という事になりそうですが、だからこうして各政党の政策を比較しているわけです。

 

 

幸福実現党の13の政策 

f:id:rkaientai:20190710220540j:plain

さて、今日は幸福実現党に目を向けてみましょう。その政策内容から、少し前に2ちゃんまとめでもとりあげられていました。僕の地域ではだれも出馬しておりませんが、ポスターはあちこちに貼られているため普段からよく目にしています。ポスターだけで云うと自民党に次いで2番目に多いのでは?といった具合です。熱心な支持者がいるのでしょう。

 

幸福実現党の政策は2ちゃんまとめによってわかりやすく箇条書きにされていたのでそのまま引用させていただきます。また、それに対するネット民の意見も参考までにいくつか抜粋させていただきます。僕個人の意見だけでなく多くの見解があるので面白いですよ。


・ 消費税5%に引き下げ、将来的には廃止

・ 所得税の一律減税

・ 相続税贈与税の廃止

・ 金融緩和 2~3%のインフレ目標

・ 航空宇宙や医療分野などに10年で100兆円の投資

・ 交通網整備

・ 核シェルターの設置支援再生可能エネルギーの主力電源化

             (海洋・地熱などの技術支援)

・ 非正規雇用の待遇改善

・ マイナンバー廃止

・ 電波オークション導入

・ 教員免許更新制の抜本的見直し

・ 教員免許を持たない優れた人材の教員登用

・ インターネットいじめへの対策

・ 飛び級制度導入・ギフテッド教育導入

 

これに対するネット民の声はを要約すると「現実的ではない」「財源はどこから?」ということでした。

 

消費税を5%に戻し、いずれは廃止するというのはみんな喜びそうですね。ただ、現在の消費税の使途を賄うために、どこから補填するのか・・・そこが不明ですが、これに具体案があるのでしょうか?

 

所得税の一律減税についても同様ですね。確かに国民が喜ぶことですけど、さっぱり現実味がありません。本当にそんなことできるの?という気持ちになるだけで、本気で応援してみようという気にはなりませんね。

 

民意を得るには理想だけではダメってことですね。

 

航空宇宙や医療分野などに10年で100兆円の投資という点についても同様です。消費税、所得税を廃止して財源の収入を絶ったうえでの投資額100兆円です。「・・・ほんとに?」、「・・・できるの??」って感じです。

 

医療・介護、宇宙産業はこれから最も伸びしろのある事業分野です。これに100兆円の投資は何かしらのリターンが見込めるでしょうけど、そもそも今の経済状況で100兆円の投資って、ツッコミ処が多い気がします。

 

核シェルターについては面白いので賛成ですね。今後核シェルター事業が大きくなるだろうと思って調べていた時期があります。今から2年ほど前、北朝鮮がミサイルをパンパン発射していた頃です。その時から日本の核シェルター普及率は世界と比較してとても低く、今現在も遅れています。

 

しかしこれはそのまま伸び代ともとれます。北朝鮮がおとなしくなった頃から核シェルターのことも忘れられている感じですが、いつ必要になるかわかりません。よく未来を予想した「未来年表」に触れた書籍を見かけますが、流石に戦争についての予想は記載されていないため、こればかりはわかりません。

 

その他の教育関連の政策は概ね「良し」と思います。やはり政策というものは実現困難な理想を謳うよりも、「ぁあ、これならできそう!」と思える、そんな政策を用意したほうが票集めに繋がるのではないでしょうか?

 

会社の事業計画についても同様ですよね。「実現困難だけど目標は大きく、過去最高の売上げを目指して、利益はこれくらいあったらいいよね!」といった理想経営を従業員や、株主に突きつけてはダメなのです。

 

「現時点での会社の業績はこうだから、翌年は堅実的にこれくらいの業績回復、もしくは向上を目指し、安心して働くことができる会社にしよう。」という考え方と同じですよね。