異業種交流会に行ったらBNIに勧誘された話

異業種交流会に行ったらBNIに勧誘された話

 

f:id:rkaientai:20191105213827p:plain

 

以前、こんな記事を書きました。その生地に出てくる『なんとかネットワークビジネス』というのがBNIです。

 

bni.jp

 

もう4〜5年前のことなので覚えている限りで書きます。

 

その交流会の会場に入り、受付を済ませて中に入りました。そして司会者の音頭で乾杯したあと、30名くらいの参加者同士で名刺交換をし、その後主催者による挨拶が始まりました。

 

挨拶だけかと思いきや、そのままなんとかというネットワークビジネスという組織についての説明を始めました。そして、それがいかに大きなビジョンのもとで結成されたのか、その時点での実績や今後のプランについて語りました。

 

参加者はテーブル毎に5〜6人ずつ別れていたのですが、主催者側の人間が各テーブルそれぞれに座り込み、なんとかネットワークビジネスのことを細かく説明しにきました。

 

年会費11万円(たしかそれくらいだった気がします・・・)で、毎週金曜に朝活を行い、情報交換をすることであなたに利益が生まれます。さぁどうぞ!入会しましょうよ!大丈夫、まずは仮入会で、それでも辞めたいなら11万はちゃんとお返ししますよ!だからとりあえず一旦入会してみてよ!

 

という勧誘です。

会場の様子を見ると半数くらいはその場で書類にサインをし、仮入会したそうです。半数はちょっと時間をくれと云ってサインを拒否していました。ぼくも拒否した側です。

 

11万円の使途を聴くと運営費に充てると答えました。

この時点で胡散臭いですよね。本当にそんなにお金が要るのかと・・・。

なのでこのネットワークの一般会員側ではなく、運営側にいれてもらえるなら11万円払ってもいいと運営者に答えたら主催者を呼びに行きました。

 

主催者は「お目が高い。けれどまずは一般会員からお願いします。」と丁寧になだめてきたので、やはり入会は断って帰りました。後日、運営者数人からしつこくお誘いの電話がかかってきたことは言うまでもありません。

 

しかし、ぼくからすれば11万円も要する意味がわかりませんでした。でもこのビジネスモデルはいいなと思いました。だから一旦帰って、お金をかけずにやればいいや!と判断しました。

 

~ BNIまとめ ~

 BNIという組織の理念や、システムはとても参考になったのでこの交流会に参加して良かったと、素直にそう思いました。自分で一から立ち上げなくて良い分、入会すればすぐに恩恵を受けられるかもしれません。

 

とくに日常的に需要のある業種の方は入会することにメリットが見受けられます。ぼくが参加した時点で保険屋の営業さんや、美容院経営者、車屋さんなどが既に会員として所属していたのですが、どの方も仕事が増えたと話していました。

 

反対にぼくみたいな造園や土木などの職種の様に、日常生活での需要が少なかったり、そもそも顧客ターゲットが官公庁などの公共相手である業者にはメリットがないと感じました。

 

BNIは世界最大規模のネットワークを構築しているようです。興味のある方は参加してみても良いかもです。仕事が増えるかは別として、たくさんの事業主と手っ取り早く知り合うことができることで見聞が一気に広がります。気になった方はぜひ!

bni.jp